ハイパースキン脱毛はどんな人に向いているの

ハイパースキン脱毛とは、毛の生え変わりサイクル(発毛準備でもある
休止期、成長初期、成長中期、成長後期、毛が細くなるなど抜けやすい退行期、自然脱毛期)で、
自然に毛が抜ける際に生まれる発毛因子「毛の種」だけにアプローチすることで、
毛乳頭に根付いて「毛根」になる前に消滅させる方法です。

 

ただ、消滅させるとはいっても永久に生えてこないわけではなく、長い期間は発毛が極端に少なくなります。
基本的には自己処理をしなくても問題ない程度になることが証明されているため安心です。

 

医師のみ扱う強力な医療レーザとは違い、毛の種や栄養分を送る皮脂腺ごと熱照射によって
破壊するわけではなく、毛が抜け落ちた際に発生する毛の種のみ「温かい」程度の熱照射なので痛みや照射による衝撃はありません。

 

体感温度は36〜38度なので、熱や痛みに敏感な肌や子供でももちろん大丈夫です。
また、従来の光マシンとは異なる特殊な光線によって肌のコラーゲンを活性化させて整える効果もあるため、
カミソリ負けなど荒れた肌もキレイにしてくれます。肌への刺激やトラブルが起きやすいデリケートな肌向けといえます。

 

ところでハイパースキン脱毛に向いている部位ですが、肌を整えてくれる効果もあることから顔がおすすめです。
従来の光脱毛は、毛周期で考えるならいずれ抜け落ちる黒い毛に対してアプローチしていました。

 

ですから、顔のうぶ毛では反応しにくかったわけですが、この脱毛方法は毛の種そのものを消滅させるための特殊な光なのです。
しかも、体感温度が36度なので温かく感じることはあっても痛みのともなう熱さではありません。

 

また、その特殊な光にはフォト美顔効果のある波長が多く含まれているので、
施術のたびに肌の真皮層になるコラーゲンの生成を助け、ターンオーバーが活性化することで肌ツヤや弾力が改善されるメリットもあります。

 

ハイパースキン法を採用しているサロンの多くはドクターサポート医療提携認定を受けており、ディオーネをはじめトータルビューティーサロンR's、ハーズ新宿店、felice(フェリーチェ)、メディカルエステ素肌美人、プレサンティール六本木店、エステdeマイン、Millennium Salonがあります。ドクターサポート医療提携認定のないサロンでは、GUAPA WAX(グアバワックス)、トータルビューティーサロン ・脱毛Soin bambi(ソワンバンビ)、サロン・ド・カレン、サロンド エミがあります。

 

関連ページ

s.s.c式脱毛に向いている人
S.S.C式脱毛に向いている人はどんな人なのかを解説しています。脱毛サロンを選ぶ際の参考にしてくださいね♪S.S.C式脱毛を採用している代表的なサロンにはミュゼや脱毛ラボなどがありますが、いずれも痛くない脱毛ができるサロンです。
IPL脱毛に向いている人
IPL脱毛の効果について解説しています。脱毛サロンを選ぶ際の参考にしてくださいね♪IPL脱毛を採用している代表的なサロンには銀座カラーやエピレなどがありますが、いずれも痛くない脱毛ができるサロンです。