痛くない脱毛方法にはどんな方式があるの

脱毛方式にはまず医師のみが扱える半永久的に減毛または制毛させる医療レーザー、
ELT(ニードル)脱毛があります。個人の毛周期に左右されず、
発毛因子である毛の種と栄養分を送る皮脂腺ごと破壊します。

 

少ない回数で高い効果を得られる反面、軽い痛みやヤケドのような症状もありますので、
必ず抗炎症塗り薬などが処方されます。

 

エステティックTBCやエピレもオリジナルマシンによるスーパー脱毛(美容電気脱毛)で
毛穴に微弱な電流を流すことでその場で毛を処理できる方法です。

 

一般的なサロンで行う脱方式はほとんど痛みのない光(フラッシュ)脱毛が主流です。
光脱毛は大きくS.S.C(スムーススキンコントロール)方式とIPL脱毛に分類されます。

 

S.S.C方式は、イタリア製のクリプトンライトを扱うマシンで美肌効果も期待できるほか、
ビーンズジェルの使用が特徴です。

 

これはミュゼプラチナムや脱毛ラボが行っており、光とジェルの相乗効果から制毛する方法です。
毛周期に合わせてお手入れすることによって、
だんだん毛質が細くうぶ毛のように変化させることで目立たなくするのです。

 

IPL脱毛は、特殊な光である「インテンス・パルス・ライト」を使用します。
黒色に反応する性質を利用して毛の発毛因子に反応させることで、
一定期間のうちに脱毛させながら次第に毛質を変化させることで目立たなくさせます。
TBCライト脱毛(美容ライト脱毛)もこの原理です。

 

また、ジェイエステティックの冷光マシンはジェルを使わずに短時間での施術が可能なほか、
ヒアルロン酸効果で肌の仕上がりの違いが特徴です。

 

銀座カラーはIPL脱毛を行う前と、終わった後に行う「赤ちゃん肌保湿ケア」が有名です。

 

ハイパースキン法はディオーネが扱っている減毛システムで、
子供も脱毛できるほど痛みの心配がありません。
毛の生え変わり周期の自然脱毛期に残された毛の種にだけアプローチすることで
毛を生えにくくする発毛予防理論にもとづいた方法です。

痛くない脱毛方法は脱毛サロンによって異なるので注意記事一覧

ハイパースキン脱毛とは、毛の生え変わりサイクル(発毛準備でもある休止期、成長初期、成長中期、成長後期、毛が細くなるなど抜けやすい退行期、自然脱毛期)で、自然に毛が抜ける際に生まれる発毛因子「毛の種」だけにアプローチすることで、毛乳頭に根付いて「毛根」になる前に消滅させる方法です。ただ、消滅させるとはいっても永久に生えてこないわけではなく、長い期間は発毛が極端に少なくなります。基本的には自己処理をし...

S.S.C式とはスムーススキンコントロールの略称で、DEKA社が日本人向けに開発したイタリア製マシンで行う脱毛マシンです。フィリニーブという抑毛成分が配合されたビーンズジェルを使用します。また、光(フラッシュ)脱毛の一つで医療レーザーやニードル脱毛に比べると、痛みをともなう刺激がとても少なく、肌へのダメージが軽減されているのが特徴です。毛周期に合わせてお手入れをしますが、サロンによっては自宅での自...

IPL脱毛とは、インテンス・パルス・ライトを使用して行う脱毛です。黒色のメラニン色素に反応する特殊な性質の光を照射して、むだ毛の毛根を発熱させることでタンパク質を変化させ脱毛をうながします。また、施術にはジェルが使われますが、その種類はサロンによって異なります。特徴として、レーザーの場合は直進性の高い均一で強い光線であるのに比べ、IPLは拡散的な複数の波長の混合光線なので安全性が高いのです。照射レ...